自分できものを着られるようになりたいなら博多の着付け教室へ

プロに学ぶことで効率的にマスターできる

普段は洋服で過ごす現代人ですが、きものに憧れを持つ人も少なくはなく、博多の着付け教室に通うことで、自分でもきものを着られるようになります。本を見たりWEBサイトを閲覧して、自己流で着ることもできますが、自分の感覚だけだと、しっくりこない部分があるのは否めません。説明はわかるものの実際の力加減もよくわからないので、紐や帯がきつすぎて苦しくなってしまうなど、独学ならではの悩みも出てきやすいです。でもスクールに通うことで、素人判断ではなくプロが、一からすべて教えてくれますので、自分一人でやるよりも効率的に、短期的にマスターすることができます。大手になるほどカリキュラムも充実をしているので、入門や基礎から入ることができるので、初心者でも全く問題はありません。

クラスは個別指導課マンツーマンか

博多の着付け教室を選ぶ際には、1つのクラスでどれほどの生徒が一緒に学ぶかも確認をすることです。大きく分けるとクラスは2つのパターンが用意をされていて、個別指導のマンツーマンか、複数でのグループ指導課になります。費用面をできるだけ抑えたいのであれば、複数の生徒がプロから教えてもらえるグループ指導です。講師1人に対して何人もの生徒が一緒に学びますので、その分だけ月謝の費用面を抑えることができます。グループ指導のクラスの良い部分は、一緒に学ぶ生徒同士交流を持てることであり、新たな友人ができるチャンスです。費用面はグループのクラスより高くなりますが、短期間で本格的に着られるようになりたいならば、講師1人に生徒1人のマンツーマンを選びます。

自分で着るためには小物が必要に

手ぶらでレッスンを受けられるスクールもありますが、博多の着付け教室へ行くときには、自分で着られるように自分用の一通りの和装アイテムをもっていくと便利です。クラスで学びその後は実際に自分で着るようになるので、そうなれば様々な小物が必要になります。練習用に着用をするきものは、小紋などがあればよいですし、一般的な和装を着られるようになるためには、袋帯があると便利です。セパレートタイプやワンピースタイプなど、肌着の肌襦袢や裾除けも用意をします。洋装とは異なり和装ではタオルを使い補正をすることがあるので、薄手のタオルも1枚から2枚用意をしておくと便利です。長襦袢の衿に使う衿芯や、3本くらいの腰紐襟元の着くずれ防止の、コーリンベルトも用意をしておきます。

ピックアップ記事一覧