合宿免許を選ぶ時にどんなことに注意したら良いのか

合宿免許は短期的に集中して学科や実技をこなし、免許を取ることができるだけでなく、通常より費用が安く、同じような境遇の人と出会うことができることから、特に学生を中心に人気を集めています。学生が合宿免許をどこで取得するか選ぶ際に、費用面などがかなり重視されます。教習所に何カ月かかけて通うよりも、短期間で、かつ格安で免許が取れる方が学生にとっては重宝し、夏休みの有効活用にもつながります。だからこそ、合宿免許を選ぶ際にはトラブルなどに注意が必要です。費用面だけにこだわった結果、想定していなかった事態が待ち受けることも十分に考えられます。費用面以外の見方、そして、費用面にこだわることで起こりうることなどを知っておくことで、よりよい合宿免許選びにつなげることができます。

実は別のところで費用がかかるケース

格安で免許が取れることを宣伝しているところは多く存在しますが、チラシやパンフレットに書かれた数字そのままのお金を持っていけばそれでいいということはなく、結局は別のところでお金がかかることになります。例えば、合宿免許の期間中に食べる食事代は別途自己負担であったり、プログラムがその通りに行かなければ追加料金が取られたりするなどです。結果として、想定した費用以上のお金がかかることになり、費用面だけで見れば、数か月教習所に通う場合とさほど変わらないということも十分にあります。パンフレットにかかれた費用がどこまでを対象としたものなのか、そして、注釈に何かしらのことが書かれていないか、そこまでを十分にチェックした上で、どこにするかを決めていくということが求められます。

期間中の宿泊施設にも注意が必要

合宿免許の期間中、2週間程度、同じ宿泊施設に滞在することになります。ここでは寝ることは当然として、学科の勉強やその日受けた実技の振り返り、緊張からの解放など様々なことが行われます。しかし、その宿泊施設が個人部屋かと思ったら、2人部屋だったり4人部屋だったりすることがあります。慣れてない人からしたらそこもまた苦痛になる恐れがあります。格安を謳うところほど、この部分で節約していることが多いため、注意が必要です。他にも、携帯電話の電波の問題やセキュリティの問題、コンビニが近くにあるかどうかなど様々なことで気になることがあります。費用面だけを気にするのではなく、それ以外の部分、期間中に免許が取得できる環境かどうか、そうしたことを確かめることも大事です。

© 2017: だれでも絶対に合格できる合宿免許 | Awesome Theme by: D5 Creation | Powered by: WordPress