Just another WordPress site

痔にはいろいろな種類があります

一般的な種類として、イボ痔、切れ痔、痔ろうと呼ばれるものがあります。種類によっては、市販されている薬を塗っておけば治るものもありますし、病院で治療を受けないと治らないものもあります。最悪手術をしないと治らないものもあるのです。どんな種類でも一ついえる事があります。それは常に肛門を清潔に保つという事です。どんなに薬を塗ろうが不衛生な状態だと治るものも治りません。肛門を清潔に保つという事は、薬を塗る事以上に重要な事なのです。例えば、自宅のトイレをウォシュレットタイプのトイレにしたり、大便をした後は肛門を風呂場で洗うようにすると言った工夫をすると常に肛門を清潔に保つ事ができます。出張などで県外へ行く場合、ウォシュレットのトイレがあるか分からない場合は、携帯ウォシュレットと言う物が市販されているのでそういった物を利用するのも常に清潔に保つ方法の一つといえます。清潔にした上で薬を塗ったり治療を受けるようにする事が非常に大事な事なのです。場所が場所だけに非常に再発しやすく、治るのにも時間がかかる場合がありますが、根気よくゆっくりと治していけばいつか治るのではないでしょうか。どうしても治らない場合は、素直に病院に行く事が重要です。

痔の種類と主な原因について

肛門にできる痔(じ)というものは、場所が場所だけになかなか人には言えない病気です。イメージとしては、男性に多い、中年になるとできやすい、大した病気ではないので市販薬でどうにかなる、というように軽く考えがちですが、痔というのは老若男女すべての人に起こり得る病気です。痔になる確率は、男女共に違いはありませんが、じにも種類があるように、どのようなじになるかは若干違いが出ます。じは大きく分けて3つの種類があります。良く知られているのが「イボじ」です。肛門の静脈がうっ血を起こして、イボやコブのように腫れ上がってしまう状態を指します。このイボじというのは、男女のどちらもなりやすい代表的なじです。その次に多いのが、男性の方は「あなじ」で、女性は「切れじ」となっています。これらは、男性の場合は下痢になりやすいこと、女性の場合は便秘になりやすいこと、出産時のじ核や裂肛になりやすいというのが原因と言われています。いずれも肛門に負担をかける状態というのは、原因になりやすいです。その他にも、食生活や生活習慣が不規則な人、同じ姿勢でいることが多い人、便意がある時にトイレに行けない状況というのも、じになる原因に繋がります。一つでも思い当たる場合は、意識して治すことで予防できます。

会員登録を行っていただくと、100ポイント進呈中です。お体の症状に合わせて選ぶと、介護を受ける方にもうれしい介護用品が多数あります。目指すのは介護者・被介護者のウィンウィンを両立する製品をお届けすることです。直接は販売できませんが、リフトや車両なども参考出品アイケアショップの紙おむつは、どこよりも安く、さらに安く安心価格です。介護用品のお買い得サイトはコチラをクリック。午前9時から午後5時まで、電話とFAXで対応させていただきます。